FC2ブログ

3.11後・空気の正体

昭和の預言者(故山本七平氏)の視点をかりながら3.11後の日本社会のおかしな空気の正体を解明したいと考えております。特に菅元首相に対する魔女裁判のごとき我々の異常な憎悪を詳しく検証するつもりです。

序論「安倍自民党政権は感情人間の集まり」

序論
第二次安倍政権が発足してからもう5年になる。この政権について論じるべきことは多々あると思うが、私がもっとも印象的に思うのは、この安倍政権の閣僚や側近たちの多くがまるでヤクザの親分のような感情的言葉をしばしば発することであった。その最も代表的な人物は安倍政権の実質ナンバー2ともいうべき菅官房長官である。彼はすでに官房長官としての在任期間で最長記録を作っているが、何が彼をそこまで押し上げているのであろうか?これは考えれば不思議な事実である。なぜかといえば彼の発言にはしばしば間違いがあり、極めて問題とすべき発言が数多くみられたからだ。しかし、彼はそれでも長年、官房長官の役職に居続けた。一体、その秘密は何であろうか?

菅氏の定例記者会見で記者の質問に対してしばしば繰り返されるのは「そのような指摘は全くあたらない」とか「全く問題ない」という常套句だ。この言葉を聞くだけで、記者の鋭い質問がまるで柔らかいカーテンに当たった声のように勢いを止められる。映画監督の想田正弘さんによれば彼の発言には次のような問題があるという。

菅氏の言葉は、相手の質問や意見に対して、正面から向き合わないことに特徴があります。『その批判は当たらない』など、木で鼻をくくったような定型句を繰り出すことで、コミュニケーションを遮断する。実質的には何も答えない。したがってボロを出さないので無敵に見えるのです。つまり、相撲にたとえると「土俵に上がらないから負けない」論法だ。
たとえば東京都議選の際の秋葉原の演説で安倍総理の目の前につめかけた多くの聴衆が反安倍政治の横断幕を掲げながら「安倍帰れ」と大声で抗議していた事に対して、「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と安倍総理が壇上から大声でスピーカーを通して発言したことに対して、翌日、選挙民を愚弄しているのではないかというような批判があがった。この首相の問題発言を記者が菅官房長官に問いただしたところ、菅氏は「問題ない」と答えた。これに対して記者がなぜ「問題ないのか」と正したところ菅官房長官はなんと「問題ないから問題ないんだ」と答えている。


このような意味不明な問答を聞いている国民の中にはなんて傲慢なんだと感じる人もいるかもしれないが、おそらく多数派の人々は菅氏のこの種の迷言ぶりを問題だとは思っていないのだろう。だからこそ彼は安倍長期政権の中で最長の官房長官の役職にあり続けているのではなかろうか。

なぜ菅氏がそういった発言を繰り返しながら大多数の国民から非難されないのかというと、その大多数の国民も菅氏と同じような精神構造をしているからに他ならないと思う。すなわち論理もへちまもなく自分が好きなことを適当に言いながらピンチを切り抜けていく人生こそは大衆の生き方でもあるからだ。

同じような不規則発言は二階俊博自民党幹事長においても通例だ。二階氏もまた都議選の応援演説で、差別的表現を使ったためにマスコミから批判を受けたが、それに対して次のように答えた。「言葉ひとつ間違えたらすぐ話になる。私らを落とすなら落としてみろ。マスコミの人だけが選挙を左右するなんて思ったら大間違いだ・・・マスコミは偉いには違いないが、偉いと言っても限度がある。あんたらどういうつもりで書いているのか知らんが、我々はお金を払って(新聞を)買ってんだよ。買ってもらっていることを、やっぱり忘れちゃダメじゃないか」。

菅氏にしろ二階氏にしろ、こういった調子の発言はまいどのことなのでなんら驚きもないほど国民はなれているのだが、確かにこの二階氏が言うように「落とすなら落としてみよ」と意味不明な威嚇で脅されても、一般大衆はこの二階氏の言動を問題にすることもないのは、今回の衆院解散総選挙の結果をみても分かる通りだ。自民党や与党を支持する多数派の国民はそのような政権幹部の発言にほとんど問題を感じていないという事はまちがいないだろう。

森友・加計疑惑についても多くの国民が関心はあるけれども、菅氏や二階氏、そして安倍総理自身が「全く問題ない」といえば、その通りに多数派の国民は受け入れて許してしまう。これらの疑惑についてはいくつもの証拠が上がっているし、関係者が逮捕されても仕方がないほど重大な疑惑を孕んでいても、それを捜査すべき国家権力自体が政権の圧力の為に動かない以上は国民も疑惑について、それ以上ひつこく追求しようとも思わない。検事や裁判官以上に国民が正義や真実を求めているという事実はありそうにないわけで、したがってこの国では様々な疑惑が権力によって握りつぶされていても、大部分の国民はそんなものさとあきらめている。

このような日本人の在り方というのは実は今に始まったわけではなく、戦前から連綿と受け継がれている日本人自身の体質であり、その結果が原爆を2発も落とされるという悲劇を招いてしまった原因でもあるということについて誰も知らない。

「えっ?」と思うでしょう。一体、菅氏や二階氏の話と原爆がなぜ繋がるのか?

世界の中での日本人のユニークな特性の一つに「感情が第一」という我々の共通する人生観がある。日本という国は地理的にも歴史的にもエジプトやインド、中国から発した古代文明の影響を間接的にしか受けることなく、その結果、宗教的支配から比較的に自由な国であった。仏教や儒教は中国と朝鮮経由で伝わったが、それらは中国や朝鮮ほど国民に支配力をもつことはなかった。さらに列強によるキリスト教の伝播においても日本は鎖国政策を続けたためにキリスト教化されなかった。その結果、日本人は無宗教者が一般的で素朴な人間的感情をそのまま肯定する生き方が何のためらいもなく残り続けた。これが山本七平いうところの「日本教」の由来であり、それは畢竟「人間教」に他ならない。したがって日本人は「感情こそ第一」という教えに誰もが共感する珍しい民族性をもつようになった。そのもっとも特徴的な教えは「義理」や「人情」を代表とする「人間教」の価値観である。

卑近な例をあげるとヤクザというのは非常に日本的な現象であって他国に同類のものは存在しない。ヤクザの価値観はまさに義理と人情であるが、これは人間の感情こそすべてだという価値観に他ならない。彼らは反社会的集団とか暴力団であるとかいわれて久しいが、その組織は決して壊滅させられることはない。なぜならヤクザ社会は日本社会の本質に根差した裏組織であって、それを潰滅する事は日本自身の表社会をも否定する事に他ならないからだ。

一方、現代文明は17世紀に西洋で起こった近代化の流れの中で合理主義と客観主義による科学的合理主義が主流になっている。文明が科学的合理主義に傾いていったのは物質的裏付けと同時に知性主義的生き方が西洋の人々の模範になったからである。知性主義的生き方とは我々の判断基準を知性に置くべきだという考え方であり、それは不条理な差別や搾取、圧政、独裁、など科学的根拠を持たない伝統的制度や考え方を警戒する多くの中間知識層をもたらした。

最近になって知性主義と反知性主義という見方が出版界を賑わすようになったのは、特に我々日本人が陥りやすい保守思想の盲点を厳しく指摘できた点にある。保守思想は伝統的価値を重んじるあまりに客観的事実を軽視しがちである。特に我々日本人が陥りやすいのは自らの歴史を肯定的に評価したいがために客観的事実を無視して自分に都合の良い事実だけを取り上げ、日本の過去の戦争を肯定するばかりか、日本民族は世界に冠たる民族だという思いあがった愛国主義にまで昇華させている多くの反知性主義者を輩出させてきた。この人々は主に90年代後半に生まれた新しい教科書運動又は自虐史観批判を梃子にして、国民的な運動を始めていった。これが安倍政権の中核をなす日本会議の由来である。

しかしながら一方で多くの良識派知識人による反知性主義批判の良書が生まれたにもかかわらず、日本人の反知性主義的傾向は一向に収まる気配はない。それは日本人が反知性主義とは何かという以前にすべての日本人の生き方の中に日本人特有の「感情こそ第一」という考え方がしみついているからであり、この考え方の危険を自ら察知しない限り反知性主義的傾向が収まることはありえないのである。なぜなら反知性主義者は単に知性主義に反対しているわけではなく、感情こそすべてだと信じる人々の住処にもなっているからである。

2017年11月5日

スポンサーサイト

PageTop

第一章 ヤクザ的感情で戦争を始めた明治政府

人間に限らずすべての動物には知性と感情が備わっている。知性というのは自分を取り巻く周囲をできるかぎり客観的に観察しようとする能力であり、一方、感情というのは自己保存本能から由来する必然的な防御反応である。たとえば他人に足を踏まれた時に痛みを伴う痛覚が刺激され、その痛みを起こした他人に対して感情が発作的に湧きあがる。但し、その時同時に知性が働くから、自分の足を踏んだ他人に対して、どう反応すべきかを咄嗟に計算して自らが取るべき行動を判断させる。

たとえば、もしその時、自分の足を踏んだ相手が職場の上司であった場合、彼はその相手に対する怒りを咄嗟の判断で保留しようとするだろう。しかしその相手が見ず知らずの他人であり、しかも弱そうな相手の場合は自分の感情を爆発させるかもしれない。彼は自分が感じた同じ痛みを相手にも感じさせるために当然の仕返しをしようとするだろう。このような行為は一般に感情的とみなされ、その行為を統制するべき知性の働きはほとんど停止状態になる。

いわゆるヤクザと称されるタイプの人はこの種の感情的反応を当然のこととして行動する人々であり、彼らは他人から不利益を被った場合に必ずそれと等価又はそれ以上の報復行動を取ろうとする傾向の強い人々である。彼らは肉体的又は精神的に強者であるという自覚を持ち、自分に不利益を与えた他人に対して知性の判断を留意せずに、感情を優先させようとする。但し、そのような行動様式が個人の場合はまだよいが、集団的になされるようになると、その集団は非常に危険な集団となる。人間の社会で殺し合いや戦争が繰り返されてきたのは、このような傾向の強い人々が自らの感情を爆発させてきた結果に他ならないともいえる。

国家と国家の争いは基本的にはその構成員の感情と知性のせめぎあいであって、知性よりも感情が優先するようになると、必ず戦争が起こるようになっている。

たとえば戦前の大日本帝国が行った複雑な経緯の戦争も、結局の所、感情を優先させた結果に他ならないということをごく一例だけでも証明してみることができる。明治政府が最初に戦争を始めたきっかけになったのは韓国に対する威圧的な外交であった。当初は王政復古により新しく明治政府が政権を司る事になった為に朝鮮の李王朝に対してその通告をするつもりであった。ところが明治政府側がそれまでの日朝の伝統的関係とは著しく異なる書状を李朝側に突き付けた為に李朝は硬化した。その文言の中で特に問題になったのは「皇」とか「勅」という漢字であった。当時の李朝にとって「皇」と「勅」は彼らが宗主国として認めている中国の清王朝のみに許される文字であった。彼らは明治政府が新たな従属関係を求めているのではないかと「誤解」し、この書状に返事もせずに送り返してきた。

皮肉なことに、その時の李朝側の対応があくまでも「誤解」であったとしても、結果的には「誤解」どころではなく、それは彼らが危惧していた通りの事実に発展してゆく。

明治政府は書状が返還されたことに対して感情が爆発し一気に征韓論が高まることになる。但し、歴史の教科書に書かれているように、当時、征韓論を主張したのは西郷隆盛や板垣退助らごく一部のグループだけではなかった。実験を握っていた大久保利通や木戸孝允、岩倉具視らも朝鮮王朝の無礼な対応に対する反韓感情においては同意していたが、但し、征韓論者のように直ちに行動を起こすことには同意してなかった。即ち彼らは感情にまかせて行動する事を慎むべきだと考えていたのだと思われる。

ところがわずかその2年後に明治政府は事実上の征韓論を行動に移している。すなわち江華島事件という、きわめて乱暴な侵略行為をやっているのである。この事件については韓国の人なら誰でも知っているが日本史の教科書ではほとんど紹介もされていない。この事件について韓国で売国奴として入国拒否されている呉善花さんの著書(「韓国併合への道」)から引用しておこう。

1875年(明治8年)5月、日本政府は雲揚(245トン)と第二丁卯(125トン)の小砲艦を釜山に派遣して、一方的な発砲演習を行わせる示威行動をとった。続いて9月20日、日本政府は沿海測量の名目で雲揚を朝鮮半島の江華島へ向かわせる。雲揚は江華島と半島との間の江華水道の河口付近で停泊し、その先は兵士らがボートに乗って江華水道を遡行した。水道の幅は200~300メートルと狭く、北は漢江、南は黄海に通じる要所で、沿岸各所に要塞があり砲台が設けられている。飲料水を求めたためとされるが、この内国河川への無断侵入は明らかな挑発行為である。

要塞の一つ、草芝鎮台から砲撃が開始されると、雲揚も水道に入り応戦する。砲台からの弾丸は船に届かず、草芝鎮台は雲揚の砲撃を受けて甚大な被害を受けた。しかし、退潮時のために雲揚は兵員たちを上陸させることができなかった。雲揚は次に江華島のすぐ南にある永宗鎮台を急襲した。次から次へと砲撃を受けて永宗鎮台は陥落、600名の守備兵はほとんど戦うことなく逃走してしまった。上陸した日本の将兵たちは城内と付近の民家を焼き払い、大砲38門をはじめ、残された兵器類を押収して帰船した。李朝側の死者36名、捕虜16名、日本側の死者1名、負傷者1名だったといわれる。(呉善花著「韓国併合への道」文春文庫P54)

この事件については当時征韓論争に敗れて下野していた西郷隆盛が実に辛辣な表現で批判をした文書が遺されているので、これも紹介しておこう。

「譬、此の戦端を開くにもせよ、最初測量の儀を相断り、彼方承諾の上、[それでも]発砲に及び候えば、我国へ敵するものと見做し申すべく候えども、左もこれなく候はば、発砲に及び候とも一往は談判いたし、何等の趣意にて此の如く此時期に至り候や、是非相糺すべき事に御座候。一向彼を蔑視し、発砲致し候故応砲に及び候と申すものにては、是迄の友誼上実に天理に於いて恥ずべき所為び御座候。」(板野潤治著「西郷隆盛と明治維新」講談社現代新書P180)

これを口語でいうと、およそ次のような意味である。「たとえ戦闘を始めるにしても、測量のことは無断でやるのではなく相手に断りを入れてからやるべきであり、それでもなお相手が攻撃してきたならば応戦するというなら分かるが、そうではなく相手に無断で測量をやっていながら、発砲されたからといってこれに応戦するのは、長い付き合いのある隣国に対して、いかにも道理に反する恥ずべき行動ではないか」

ご存知のように西郷隆盛は歴史の教科書では征韓論者だとみなされているが、この文書をみるかぎり、そうではなかったのかもしれない。西郷が征韓論者だと決めつけられたのは、後に西南の役で敗北し賊軍の首領として後の世の歴史教科書の中でも評価を貶められた結果という可能性もある。

いずれにせよ明治政府はこの江華島事件をきっかけにやがて朝鮮半島を我が物顔に支配下に収め、さらに満州、北京、上海、南京へとその触手が伸びてゆくのである。いまだに日本の右翼層は明治から昭和に至る戦争を侵略ではなかったなどと言い訳するが、これは足を踏まれたのはこっちが先だというヤクザの感情論と同じことであり、だからといって仕返しをするのが当たり前だという事にはならないはずである。


PageTop

感情国家の日本と合理主義の北朝鮮、米国

嫌韓派の人々が韓国人(朝鮮人)はとにかく感情的で情緒的だからつきあえない・・・とかいうツィートを発信しているのをたまに見かけるが、私からいわせればおそらく彼らの方こそ感情的な人々なのだろうと思う。たとえば今回の歴史的米朝会談に至った経緯をみても、感情国家の日本では到底想像もできなかったのではあるまいか。

私自身は韓国の文大統領が平昌オリンピック前から必死で米朝対話の実現に努力している最中、日本の安倍首相がこれまた必死にその実現を妨げようとしている姿をみて絶望と同時に失笑を禁じ得なかった。要するに日本人は劇的に軍事的緊張が解かれて平和が訪れるという場面を想像さえできないのである。だからこそ日本は太平洋戦争前にアメリカからハルノートといわれる最後通牒(?)を渡された時、もはや開戦しか道がないと思い込んだのだろうが、これは前にも述べたように日本人が論理的に考える能力がなく、その場の感情に任せて行動してしまう傾向が強いという典型例でもあったわけだ。

そもそもハルノートを今読み返すと、これは当時の日本にとっては「渡りに船」と受け取ってもよいぐらいの好条件であることに気づくと、なぜこれを東條らは宣戦布告の宣言文のように受け取ったのであろうかと不思議でならない。このハルノートと北朝鮮が日米韓中(ロ)から受け取った経済制裁と一体どちらがより理不尽なものであろうか。

以下ハルノート
所謂四原則の承認を求めたるもの
(一)日米英「ソ」蘭支泰国間ノ相互不可侵条約締結
(二)日米英蘭支泰国間ノ仏印不可侵並仏印ニ於ケル経済上ノ均等待遇ニ対スル協定取扱
(三)支那及全仏印ヨリノ日本軍の全面撤兵
(四)日米両国ニ於テ支那ニ於ケル蒋政権以外ノ政権ヲ支持セサル確約
(五)支那ニ於ケル治外法権及租界ノ撤廃
(六)最恵国待遇ヲ基礎トスル日米間互恵通商条約締結
(七)日米相互凍結令解除
(八)円「ドル」為替安定
(九)日米両国カ第三国トノ間ニ締結セル如何ナル協定モ本件協定及太平洋平和維持ノ目的ニ反スルモノト解セラレサルヘキモノヲ約ス(三国協定骨抜キ案)


このハルノートは日本に科された貿易制裁(主に石油の全面禁輸)を解除する為の条件を書いたものである。日本に求められているのは、支那(中国)からの日本軍の全面撤退という条件だけである。ここには朝鮮半島および台湾に対する支配権ばかりか満州の支配権の放棄さえも言及されていない。要は盧溝橋事件後に発生した日本軍による中国全土に及ぶ侵略行為を止めよという要求だけである。この条件をみたせば(六)項で「日本を最恵国待遇することを保証するよ」と約束されている。

したがって日本はこの時、ハルノートを受け入れていれば、満州及び朝鮮、台湾をそのまま日本の植民地として国際的にも認めさせることができたはずなのだ(私は植民地支配が正当だったといっているのではない)。なのに、なぜこれを受け入れることができなかったのだろうか?これは本当に不可解である。

当時の日本は蒋介石を南京から追放し重慶に追い詰めてはいたが重慶まで進軍することはきわめて難しかった。このために近代戦争史上でも初といわれる戦闘機による大規模空爆をしていたが、これも十分な成果をあげることはできなかった。しかたなく日本軍は仏印に侵入し、インドシナから重慶を秤量攻めで追い込もうという考え方になっていた。ここで蒋介石政府を助けたいと思っていた米国から待ったがかかりハルノートを突きつけられるという事態になった。ハルノートが特に仏印に言及しているのはそういった情勢からである。しかし米国はこのハルノートで日本軍が撤退すれば貿易制裁を解除するだけではなく最恵国待遇をしますよとまで約束していたのである。元々、日本は中国全体を自国の領土にしようなどという法外な望みはもっていなかったので、このハルノートを受け入れれば日本にとっては国益上はむしろ渡りに船だったはずなのである。

ではなぜそれを受け入れられなかったのか?それは山本七平が「日本人と中国人」で指摘していた通り、「感情」がすべてに優先したからであった。詳しい経緯は省くが、要するに日本政府は南京まで陥落させて意気上がる軍隊を撤退するわけにはいかない。蒋介石をこてんぱんにやっつけるまでこの戦争を止めることはできないのだ、と思い込んでいたらしい。これは当時の政権や軍部の意向だけではなく、大多数の国民感情でもあったのである。だから米国の脅しに負けるわけにはいかないと、彼らは逆にハルノートに対して反発を感じた。

一方、北朝鮮は決して日本のように他国を侵略したわけでもなく、むしろ仮想敵国として米日韓に包囲され核兵器でも脅しをかけられている中で、なぜ無慈悲ともいえる経済制裁を受けるのかという彼らなりの憤りがあるはずだ。彼らにとってはあくまでも自分自身を守る為の核ミサイル開発にすぎないのだという思いもあるだろう。しかし米国は北がICBMを開発する前に一方的に先制攻撃を仕掛けるという脅しをかけてきた。もし米朝戦争になれば真っ先に犠牲になるのは日本であることは地政学的にも明らかであるにもかかわらず、安倍政権は米国の先制攻撃論を支持していた。一方、それに対して韓国は米朝戦争になると自分たちの命が危ない事がわかっているので、文大統領はオリンピックを機会に必死になって南北融和ムードを作り上げようとした。

あたりまえである。米朝戦争になれば朝鮮半島は再び殺戮の半島となり多くの犠牲がでる。そこでもし核兵器が使われたなら数百万の韓国民の命も犠牲になる。同時に彼らの同胞である北朝鮮の民衆も多くの命が滅ぼされるだろう。だからこそ文は必死になって融和ムードを演出し、そしてあれほど反米に頑なだった北の金正恩を劇的に変えることに成功した。

日本の安倍政権はまさかと思っただろう。かつての自分たち日本民族の経験では経済制裁を受けても政策が180度変わるという事はなかった。だからこそ対話をやっても無意味だと安倍政権は断言していたのだろう。

しかし金正恩や朝鮮、韓国の人々は日本人のようにやみくもに意地になって、負けると分かっている戦争に突っ込むという向こう見ずのかつての日本軍人とは同じではないことを、今回の出来事は証明している。一方、アメリカもそうだ。実際の所、アメリカは米朝対話を望んでいなかった。なぜならこのまま融和ムードが進展して、本当に北朝鮮が米国の仮想敵国ではなくなってしまうと、米国のアジアにおける役割が大きく変わり、下手をすると自分たちの莫大な軍事利権をも失くしてしまう可能性がある。そのことはフィリッピンの米軍基地を放棄してから彼らが痛切に感じている事である。在日米軍も沖縄の基地もすべてはこの地域に緊張があるからこそ必要だと思われているのであって、もし緊張がなくなれば沖縄の基地反対闘争にも説得力が増すだろう。

したがって米朝対話があるからといって、必ずしも将来を楽観できない。北との融和は進んでもロシアや中国の脅威があるということを米国は強調するだろう。そうして安保体制を堅持しつつ、この地域の軍事的緊張を減らそうという努力には抵抗するだろう。

しかし外交音痴の安倍首相にはそもそも北の金正恩がなぜ急に変わったのかがいまだに分かっていない。彼は最大限の制裁の効果であったからだというのがせいぜいである。しかし金正恩は、元々、このような政策の180度の変更を予定していたとみる方が正しい。彼がめざしていたのはいたずらに米朝の軍事的緊張を煽る事ではなく、アメリカが米朝対話を受け入れるしか選択肢がない状況を作り出すことであった。その為には米国本土に届く核ミサイルをなんとしても開発しなければならなかった。でなければ米国は本気になって米朝対話をやろうとしないことは当然だっただからだ。

まさにそのような金正恩の計算通りに韓国文大統領の仲介役もあって米国が動き出したのだから、彼にとってはほぼ予定通り、まさに計算通りの成果だったといえるのではないか。

北朝鮮が本当に望んでいるのは国家としての独立と経済的な繁栄である。その為には朝鮮戦争の終戦宣言を通じての米国との和平条約と経済支援が欲しかったのである。そのすべてを彼らはいま手に入れようとしている。おそらく彼らはこれから南北の統一も模索するだろう。なぜかというと、韓国の経済力が今やいくつもの分野で日本を上回るほどの成長を見せているからである。彼らはもし南北が統一すれば経済でも国力でも日本を凌駕する国家に生まれ変わるだろうと考えているかもしれない。もちろんそこまで金正恩自身が考えているかどうかは分からないが、日本が朝鮮半島を強引に併合したその報いが、いつかそういう形で跳ね返ってこないとも限らない。但し、われわれはむしろ隣国が発展することを喜びとできるほど成熟した国になりたいものだと思う。

補足:金正恩は感情で動く人ではなく元々合理主義者だという分析はアメリカのシンクタンクが指摘したいた通りであった。元々合理主義者のアメリカにとっては感情民族の日本よりはむしろ合理主義的に動く朝鮮民族の方が理解しやすい相手といえるかもしれない。

2018./3.25 本項未定

PageTop